木星式学級日誌

たまに漫画を載せたいと思ってます。

嫌botについて 〜2018年も終盤、まだいけるか? #私を布教して 編〜

 

 

こんばんは テリーのワンダーランド面白いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20181113212041j:image

ジュピターゼニガメです

 

友達がツイッターでバズってた美味しいけど今年で終わるというオムライス屋に行こうと言うから「寿司や肉、ピザやカツ、サイゼリヤとかもあるけどね」と思いながらバズライス屋に行ったら夜だったんですけどめちゃくちゃ並んでてやめました。

ツイッターのバズが現実世界に影響してるのを実際に感じて怖かったです。1時間歩きながら考えて鉄板焼きを食べました。その間並べばよかったのでは?

 

 

 

挨拶はこれくらいでいいか。

では、本題。

 

 

 

 

 

 

botについて

 

f:id:jupizeni:20181113212041j:image

 

 

 

 

 

bot(@yadabot)は世の中の嫌をツイートすることで浄化するアカウントです。

嫌の定義はツイートを読み上げて一泊空けて「嫌だな〜」と心の中で言えるかどうかです。ちなみにこれでいくとほぼ全てのツイートが嫌ツイートになります。

 

2015年から僕が唯一(ほぼ)毎日続けているこの嫌botもついにフォロワー1000人を超えました。1年前くらいまではジュピターゼニガメは嫌botのことを見下してたのにいつの間にか抜かされ差をつけられてました。

 

botって普通めちゃくちゃバズってすぐフォロワー増えるかフォロワーはいるけどいいねはほぼ付かないようなものかってのが多い気がするんですけど、じわじわフォロワー増えていいね数平均20ってことある?ギラかよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギラについて

 

f:id:jupizeni:20181115120150j:image

 

昔からあるわりにイマイチパッとしないイメージですね。グループ攻撃って中途半端。

ギラ ベギラマ ベギラゴンの響きはカッコいいけどギラグレイドでズッコケる感じ。

ジュピターゼニガメ攻撃呪文好き度

高 メラ  ヒャド デイン バギ イオ ギラ ドルマ

 

ドラクエ11カミュが覚えてたやつとか結局使わなかったな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

botについて2(歴史編)

 

botの歴史

2015.2 50個の嫌を蓄え誕生

2015.9 嫌の生産が追いつかなくなりDMで嫌募集開始

2017    嫌botの管理を放棄→管理再開

2017    パスワード変更

2018    いつの間にか小嫌連打が主流になる

2018.11 フォロワー1000人突破

 

思ったより何もなかった。

 

 

小嫌というのはこういうやつ

 

小嫌は大抵一気に送られてくるのでスクショでまとめてツイートすることが多いです。

最初はスクショで「DM来てるんだよ〜」というのを見せることで他の人もDMを送りやすいようになるだろ常識的に考えてという狙いがありましたが、最近は単純にひとつひとつツイートしてられないという理由が大きいです。

 

 

歴史がないので終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bot頻出嫌紹介のコーナー

 

 

嫌入試対策です。

送られてくる嫌の中で一番多い嫌はなんなのか。考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20181115124645p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

 

○○な自分です。

例:f:id:jupizeni:20181119130101j:image

 

前提として嫌botを見てるような奴はリア充ではないキモオタなのかよ。

 

 

 

1日に2人は自分のことを嫌がってます。かなり怖い。浄化するという建前で人々の負のエネルギーを吸い取って動いている嫌botはいつかラスボスとして主人公に倒されないか心配。

 

 

他に多い嫌はこれです。

 

  • 大学生
  • ジジイ
  • オタク
  • 坂上忍
  • リプ欄、コメント欄
  • bot
  • 風潮
  • ウケ狙い

 

 

 

bot?と思う方もいるかもしれませんが、わりと嫌botを嫌がる人はいます。

botを嫌がるパターンは、嫌bot自体についての嫌(例:嫌botの夜間モードが嫌、暇だからか台風の日に更新頻度が高くなってることが嫌)と嫌botコミュニティへの嫌(例:新参古参の概念があることが嫌、嫌ツイートに対しての嫌)の2パターンに分けられます。

 

 

botコミュニティ?????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

botについて3(嫌botコミュニティ???編)

 

なんか最近嫌botのコミュニティができつつあります。嫌botが一つの街になっています。

botのツイートのURLを貼ったりスクショしたりしてそれに対してアンサーを返すようにまたDMが送られてくるという訳の分からない状態になったりしています。

 

 

f:id:jupizeni:20181115131330j:image

f:id:jupizeni:20181115131346j:image

 

 

DMを通じてこうして嫌争いが起こったりもしますが嫌botのDMは発売日かと思う程度の待ち時間があるのでそこまで殴り合いが続くことはまだないですね。なんの発売日かは知りません。

 

ちなみに嫌botはDMに既読をつけずに下から(古いDMから)採用していってるので待ちきれずに追加で送るとまた一番上になってさらに待つことになります。

 

 

あと多いのがネタツイ論争。

 

「お前の嫌はただのネタツイだ!」

「昔は面白い嫌が多かったのに今はあるあるとか小嫌ばっかりだな……」

「嫌botはそういう場所じゃない」

 

botは嫌botのことで本気で喧嘩できる人たちのおかげで成り立っています。ありがとうございます。

 

 

僕は嫌botは嫌であればなんでもいいのでネタはだめとも面白くないとだめとも思ってないです。

ネタっぽいツイートも面白いし、あるある的なのとか小嫌でもけっこう共感できたりそういうのを嫌がる人がいるのかと思ったり見てて面白いのでなんでも大丈夫です。

 

ちなみにDMからではなく僕自身が考えてツイートしたものは嫌botがいいねしてます。

 

 

 

最近は嫌botのツイートをそのままスクショするだけという新しすぎるDMもたまに来ます。

もうすでにみんな好き放題嫌を言うだけではなく、自分の嫌を嫌がられるかもしれない場になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

botについて4(嫌botVtuber化編)

 

しません。

botVtuber化しますか? →する しない

があるとすればしないを選ばないとストーリーが進みません。

 

しないので終わり。立体感増すと不気味でしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

botについて5(ランキング編)

 

 

botにDMが来るタイミングランキング

1位 ツイートして数分後

2位 マクドナルドで咳が止まらなくなって涙目でペットボトルのお茶飲む時

3位 みんな〜嫌なことをDMで教えてくれよな!と言った時

 

 

 

botでフォローを返さない人の特徴ランキング

1位 鍵垢(botに見られたくないだろうから、普通に嫌botでTL見てることもあるので)

2位 キチガイ(触れない方がいいので)

3位 嫌botキラー(ライバルなので)

 

 

 

botが嫌を採用しない理由ランキング

1位 嫌じゃない

2位 個人への酷すぎる差別

3位 スクショしようとしたらちょうど入りきらなかった小嫌

4位 完全にミスでDMを消してしまった時

5位 面白そうだから我慢できず既読をつけてその後これはすでにツイートしたものだと勘違いする時

 

 

 

bot人気投票結果発表

1位 嫌bot子(アイコン左側の女の子)

2位 嫌bot(左の女の子と兼を含むアイコン全体)

3位 嫌(概念)

 

 

 

 

bot今後の展望ランキング

1位 天下一嫌会を行い嫌チャンピオンを決める

2位 嫌をまとめた嫌完全網羅本(またはwiki)を勝手に作る人が現れる

3位 嫌botに変わる嫌箱を設立しかなり儲ける

 

 

 

 

 

 

 

 

botについて5(終わり編)

 

 

bot(@yadabot)について語れることはもうないです。

botのファンアートは嫌bot(@yadabot)のDMでお待ちしてます。嫌と見分けがつかないので普通にツイートします。

 

botはDMや毎日見てくれてる皆様のおかげで成り立っているので本当に感謝しています。いや、DMも見てくれてる人もいなかったらいなかったで嫌だから嫌botは成立している……複雑。

 

botが乗っ取られるのはかなり嫌botだなと思いアカウント作ってから2017年の終わりくらいまではパスワードをyoutubeにしていましたが乗っ取られることはありませんでした。なぜなら嫌botyoutubeに関連はないし嫌botを乗っ取ろうと思う人間はいないので。

 

 

そういうわけで、来たる天下一嫌会までにそれぞれ嫌仙人の元で優勝したり嫌塔に登ったり修行を積んで嫌力を上げておいてください。2019年にはやるぞ!

 

 

 

 

 

終わり編だけあってぐちゃぐちゃだった。

ジュピターゼニガメでした。

 

 

 

 

 

 

今日の一言

f:id:jupizeni:20181119131147j:image

へーここらへんで殺人事件があったの?動機不明?怖いわねえ……………………………………………………………………………………お前か?

耳かき専門店に行ってきました

 

 

こんばんはーーー!!!!!

 

 

 

シュー……

 

 

 

モクモクモクモク…………

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20180507101107j:image

ジュピターゼニガメです

名前だけでも覚えて帰ってください。

 

 

 

みなさん、耳かき専門店ってご存知ですか?

女の人に膝枕されながら耳かきされたり色々されるというお店です。破廉恥なお店ではありません。

そして最初に断っておくのが、特にハプニングも悪いところもなく普通に行って普通に良かっただけの話をリアルに書くだけの記事なので肝心の面白さがあまりないかもしれません。それでもよければ読んでください。

 

友達と2人で耳かき専門店に行くことを決めた僕たちはゲームセンターで用を足しながら緊張を感じつつエレベーターで耳かき専門店の階まで移動しました。

友達は緊張していたのかいつも先にエレベーターから出るのにこの時だけは先に出てくれなかったのを覚えています。

 

お店に着いてまず聞こえてきた安易な和風の音楽に出迎えられながら先へ進むと若い女の人とかなりのおばちゃんが出てきました。

担当がかなりのおばちゃんってこともあるのか?と不安になりましたが、あのかなりのおばちゃんはただの監督で選手は若い女の人だけだったと公式サイトを見ればわかりました。

 

「コースの説明をしますね」

「あ……お願いします……(公式サイトで13回見たから別にいらないけど)」

 

最初に貰った冷たいお茶を必要以上に飲みながら(余裕ぶらないといけないので)説明を聞いて選んだのは50分コース。耳かき+お手手のマッサージをしてもらえるコースです。値段は5000円札1枚でした。

 

かなりのおばちゃんにさっそく部屋で待機するように指示された僕たちは、あ、再現します。

 

かなりのおばちゃん「じゃあさっそく、こっちに来てください。少し部屋で待っていてください、あ、靴は抜いで、そう」

 

別に再現しなくてよかった。

 

で、部屋で待機することになり僕は受付から一番近い部屋、友達はその隣の隣に入ったらしいです。

もちろん完全な個室ではなく、隣の人の声も薄っすら聞こえてくる程度の壁に挟まれてるちょっと広い個室トイレくらいの空間でした。

待っていた時間は3分くらいだったはずではありますが、人間この"待ち"の時間こそ緊張するというもの、はじめに足を崩した女の子座りから体制を変えることなく固まりながら待ってました。足音が聞こえる度にこの体制でいいのかと不安になるのでもし耳かき専門店に行く場合は普通に座って待っていた方がいいと思います。

 

スッ……

 

女の人が部屋に入ってくる音です。

「本日はよろしくお願いします」的なことを言いながら座礼(http://hac.cside.com/manner/6shou/2setu.html)をされたので「あっよろしくお願いします……」と返しました。この記事面白いか?

 

今いる部屋をラスボスの間だと仮定した時にラスボスが座る位置に座った女の人はタイマーをセットし「緊張しますか〜?」とか言いながら正座して「じゃあ寝てください!」と膝枕という名の太もも枕を差し出してきました。初対面なのにすぐそんなことをしてきたからバカなんだなと思いつつ太ももを借り寝転がりました。

最初に感じたのが「思った以上に足だ……」でした。着物+膝の上に薄いタオルが敷いてあったのであまりわからないのかと思ってたけどかなりの足でした。かなりのおばちゃんはその頃何をしていたのか気になります。

 

「初めてですか?」

「そうなんですよ、初めてで」

「あーそうですよねー、ていうかお若いですよね」

「普段どれくらいの年齢の人が来るんですか?」

「30〜40代の人がほとんどでお客さんみたいな人はたまに……って感じですねー、学生さんですか?おいくつなんですか?」」

「学生です……あっ20です」

「若い!その頃に戻りたい〜!私今23なんですよ」

「近いですね!!!」

 

この記事面白いか?

 

こんな風に50分間常に会話をしながら過ごします。

目隠しされてるのでその間何が起こってるかはあまりわからないですが、まず耳に光を当てられて視姦されつつ冷たい布で耳を拭かれた気がします。

その後に耳かき棒で掃除されることになりますが、この加減がちょうど良くて痛みを一切感じなくてずっとされてたい心地よさでした。耳かき音声の上位互換。

 

基本的に会話は途切れず続いて、途切れたとしてもすぐ色んな話題を出してくれるのは流石だなと思いました。

僕は女の人の話にはほとんとオチがないと思ってたので普通に面白いオチのある話をされた時声に出して「オチじゃん」と言ってしまいました。

「そう、オチがあるんですよー」って言ってました。

 

耳かきの後はよくわからないクリームを塗られながらよくわからないマッサージをされたり何をされてるのかよくわからないよくわからない体験をしました。耳の中に指を突っ込まれたと思ってたけど今から思えば綿棒な可能性がかなり高い。あれはめちゃくちゃ気持ちよかったです。

 

「じゃあ反対の耳しましょうかー逆になってくださいー」

「はっや」

 

(例えるならポットクリンを出してメレオロンと共に隠れてるナックルが、ユピーの猛攻を耐えるシュートをただ見てる時間の経つ遅さの真逆くらいはっや)←口には出してない

 

耳を逆にするタイミングと会話の一区切りのタイミングが合っててまた流石と思いつつ逆向きに身体を動かすわけですが、この日いくつかした失敗の1つがここで起きました。

今までの横向きの体制だと下敷きにしてるほうの手が痺れまくっていたからもっと楽な体制にしたいと思いながら身体を動かしたら無意識に俯けに寝てしまったのが「それ首痛くないですか?大丈夫ですか?」と言われるくらい変な体制だったことが失敗ポイントです。実際は首は痛くないし横向きの体制よりくっつけるのでこっちの方が良かったんですけど。

 

体制の絵を描くのが面倒なので想像してください。

 

この日した失敗のもう一つはツイッターのやりすぎで「○○です、××なので」という気持ち悪い話し方がちょくちょく出てたことです。

 

 

で、反対の耳も同じ流れでこねくり回されます。

 

「すごい耳があついですねー、眠い?」

「あっ眠いです これ眠くなりますね」

「やっぱり!すみませんこんなに喋っちゃって……」

「全然大丈夫です楽しいです、眠いけど寝たくはないので(○○です、××なのでという話し方が出てる)」

「たまにいるんですよね、眠いから喋るな!って言う人。もし黙ってた方がよかったら気にせず言ってくださいねー」

「はーい ……黙ってほしくても多分言わないと思いますけど」

「優しいw」

「はい」

 

会話って書いた方がいいですか?会話だけ面白くなさが凄くないですか?

 

文字での会話は面倒くさいという話題から(僕は面倒じゃないタイプだけど)お店のブログを半年間更新してない上にパスワードを忘れたという話をされ、男は顔文字絵文字は使わない方が良いという話をされました。

 

「顔文字使わないです」

「絶対その方がいいですよ!このままそのスタイルを貫いてください!」

「わかりました、マジでもう一生使わないです」

「いや使いたくなったら使ってくださいねw」

「いや普通にもう一生使わないです、そう言われたので」

「じゃあ次フェイスマッサージですね」

「あっはい」

 

次は仰向けに寝て視界を遮られていた布も取られて顔のマッサージをされます。

「これ恥ずかしいですね」

「私は恥ずかしくないですけどね!」

「たしカニになろうかな んで海に住むの、そいで海で死ぬの よかったら一緒にたしカニになりませんか?」

 

これは言ってないです。会話が面白くなすぎて嘘ついてしまいました。

 

 

 

その後軽く肩を揉まれ部屋から出てお茶を飲まされながらポイントカードの説明をされながらまた来てくださいと言われて終了。

 

 

 

 

 

……ということが2018年5月にありました。

記事もその日に途中まで書いて今まで放置されてました。

たしカニのくだりでこの記事の限界を感じて書くのをやめたんだと思います。

あまりにも「これ面白いのか?」と思いながら書いたことがわかる記事でした。

 

無料ならもっと行きたいと思ったので是非行ってみて感想を教えてください。では、さようならトボトボ……

 

 

 

 

 

今日の一言

 

f:id:jupizeni:20181119140008j:image

教えるわよ!

ゴミ捨て場

f:id:jupizeni:20180727155950p:image

ホメロスです。

 

今日は(主にカメラロール内の)ゴミ捨てをしていきたいと思います。

流星街じゃないですが、そんなつもりで見てください。

 

 

f:id:jupizeni:20180727160411j:image
f:id:jupizeni:20180727160313j:image
f:id:jupizeni:20180727160325j:image
f:id:jupizeni:20180727160432j:image
f:id:jupizeni:20180727160405j:image
f:id:jupizeni:20180727160322j:image
f:id:jupizeni:20180727160414j:image
f:id:jupizeni:20180727160317j:image
f:id:jupizeni:20180727160429j:image

 

 

 

 


f:id:jupizeni:20180727160333j:image

 

 

 

 

 

 

ふむ

 

 

 

f:id:jupizeni:20180727160301j:image

 


f:id:jupizeni:20180727160238j:image

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20180727160423j:image

 

 

 

f:id:jupizeni:20180727160417j:image

ジュピターゼニガメ ぱんかいに

 

 


f:id:jupizeni:20180727160329j:image

 

 

 


f:id:jupizeni:20180727160408j:image

荒らされ

 






f:id:jupizeni:20180727160242j:image


f:id:jupizeni:20180727160141j:image



 


f:id:jupizeni:20180727160249j:image

 

 

 

 



f:id:jupizeni:20180727160253p:image
f:id:jupizeni:20180727160245p:image

f:id:jupizeni:20180727161002j:image

 

 

 


f:id:jupizeni:20180727160146j:image

 

 

上に「速く移動するのが恥ずかしい」とありますが、そういう動画を見ている時に「出る!」と宣言して急いで顔の前まで移動して出している人を見るたびにあんなに速い動き恥ずかしくて絶対にできないと思います。

 

 

 

f:id:jupizeni:20181001143519p:image

デカチンチンマンの黒人って言うことある?

 

 

 

f:id:jupizeni:20180916221633j:image

5億年ボタン動画のコメント欄にいたかわいい人

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20181001143640p:image

「エロ動画 マジキチ」で検索して出てきた動画

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20180916221739j:image

美味しくもなくなにを考えて作ったのか本当にわからないプリンどら焼き

 

 

 

f:id:jupizeni:20180916221829p:image

答えが存在しない画像大喜利

 

 

 

f:id:jupizeni:20180916222320j:image

iPhoneを固定して写真が撮れるやつ

 

これはゴミじゃないです。絵を描く時の自撮り用に購入しました。まだ使ってないです。

 

これ

 

 

では、漫画でも描くことにします。

さようなら。

f:id:jupizeni:20180916223337p:image

 

気付いてからわざわざブログに書いてしまうほどハッとした出来事

 

 

僕は昔から「美味しくするための一工夫」をするのが面倒がるところがあります。

 

チンするのも面倒で別に温めなくてもいいかとなるし、多少味が薄くても調味料を足すことなくそのまま食べるし、一つの手間で絶対美味しくなることがわかっていても食べられない味じゃなければ手間をかけるのが面倒に思ってしまいます。

 

この前もパンにバターを塗るのを忘れているのにまったく違和感なく食べていたら「塗りなよ」と言われました。

その時のことを今ぼんやり思い返していたら急に気付いたんですけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかして俺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたしンちの父?

 

 

 

 

 

 

 

 

自分があたしンちの父だと思ってなかったのでかなり衝撃を受けました。本当にびっくりしました。漫画だったら稲妻フラッシュが5コマは連続してるだろうな。

f:id:jupizeni:20180323225426j:image

 

 

 

一応どこがどうあたしンちの父なのかを説明すると、あたしンちの父は出された料理が多少おかしくても母が気づかなければそのまま食べてしまうという話があるからです。母が「なんで言わないのよ!」って言うやつ。あった気がする。

そういえば料理自体気に入らないとそもそも食わないのも似ている。

 

 

 

まあどうせこの衝撃は誰にも伝わらないんだろうな、全員立花になれ。

 

 

 

おわり はっはっはっ

 

女性の胸の大きさは顔で判断できる説

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226170656j:image

 

 

 

 

 

クイズ形式で進んでいくのでみなさんも考えながらご覧ください。ジュピターゼニガメと申します。

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226170702j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171648j:image 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171704j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171714j:image

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171743j:image

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171753j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171800j:image

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171808j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171817j:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171938j:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171944j:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171950j:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226171955j:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226172000j:image

 

 

 

 

f:id:jupizeni:20170226172005j:image

 

 

ジュピターゼニガメとペンギンでした。

たっくんの日々 〜プリンを探せ!?の巻〜

f:id:jupizeni:20170125190407j:image

 

 f:id:jupizeni:20170125190415j:image

 

f:id:jupizeni:20170125190420j:image

 

f:id:jupizeni:20170125190433j:image

 

 f:id:jupizeni:20170125190441j:image

 

f:id:jupizeni:20170125190459j:image

 

f:id:jupizeni:20170125190509j:image

 

f:id:jupizeni:20170125190520j:image

 

f:id:jupizeni:20170125190527j:image

 

f:id:jupizeni:20170125190534j:image

 

f:id:jupizeni:20170125190539j:image 

 

f:id:jupizeni:20170125190545j:image

 

f:id:jupizeni:20170125190550j:image

 

f:id:jupizeni:20170125190555j:image

 

 

キャラクターは情弱文庫(‪@joujakudesuga ‬)さんと考えました。

 

次回もお楽しみに!ジュピターゼニガメでした。